というわけで今回はベイトタックルで磯から狙うメバルです



※あくまでも個人的な考え方や思いで書いています。異論、反論等があるとは思いますが素人の戯言ゆえお許しください



ベイトタックルでメバルというと一般的には1〜2g前後のかなり軽いジグヘッド+ワームで狙うことが多いと思います



IMG_6485



繊細なロッドで極細ラインを巧みに操り極小ワームで食わせるというテクニカルな釣りかと思います



僕が住んでいる徳島では一部ですが面白いベイトメバリングが楽しめるところがあります



それは磯から狙うメバルです



僕はヤマガブランクスのブルーカレントIII 82BにアルデバランBFS、PE0.6号にリーダーがフロロの3号



ここまでは驚きませんがジグヘッドが5〜10gのシーバス用やバス用なんです



IMG_5935



もちろんセットするワームもシーバス用になります



釣り方はまず磯に上がってまずバッカンに海水を汲み心を落ち着かせます



続いて足場を確保し、まずは足元のサラシをチェックしていきます



非常に珍しいと思うのですが磯から狙うメバルはサラシの中でも食ってきます



IMG_7216



足元のチェックが終わるころには何度かバイトがある、もしくは数匹釣れていると思います



IMG_7232



この足元チェックでノーバイトならその日はかなり渋いので非常に焦ります(笑)



で、朝マズメ前後の30分ほど(晴天の日なら20分もありません)でその日の釣りはほぼ終了となります



IMG_7270



その30分にドラマがあるんですね



IMG_7197



ある人は最初の数投でライントラブルで泣き、ある人は大型シーバスに泣き、ある人はカンダイに泣いたりします



IMG_7280



それでも良い日、良い場所に当たれば驚くような大型メバルを手にすることができる釣りです



IMG_7284



僕は下手くそなんで一般的な軽いメバリングはスピニングでしかやれませんが磯からのメバリングはベイトタックルで楽しんでいます



実際に釣りする時間は非常に短時間となりますが面白いのでこれからも通ってみようと思います



少し特殊な釣りですがこの磯からのメバリングはベイトタックルで十分できると思いますよ



さて・・・   次は・・・